車のエクステリア

車のエクステリアって何?

車のエクステリア header image 2

ボンネットの安全面への考慮

2014年10月23日 · コメント(0) · 未分類

 

ボンネットとは車のエンジンを収納する部分に付けられたカバーです。金属、強化プラスチックやカーボンなどで作られています。ボンネットは単なるエンジンルームの蓋ではありません。裏側には強度と安全性を高めるために、骨組みが張り巡らされています。そうは言っても単に強いだけではいけません。強いだけでは衝突時の力がそのまま乗っている人に伝わり、大事故になりかねません。衝撃を受けた際には、中の人に強い衝撃が伝わらないような作りとなっています。
車に乗っている人だけではありません。万が一の事故の際、歩行者に対する衝撃を緩和するための構造を持つボンネットも登場しています。歩行者が車にぶつかると、そのまま轢かれるというイメージですが、じつは二次衝撃が問題なのです。つまり、歩行者は足元をすくわれる形でボンネットに乗り上げ、それによって大きな怪我を負うことが多いのです。そこで、ボンネットの内側に衝撃吸収材を内蔵することで、歩行者がボンネットに乗り上げたときの衝撃を緩和し、大怪我を防ぐことが可能なのです。
このようにボンネットとは単にエンジンを収納する部分にある蓋という意味をこえ、乗っている人や、万が一の事故の際の歩行者の安全面にも考慮して作られているのです。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。